FC2ブログ

2019-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンパンマンの変化



【アンパンマン】
みんな大好き、
アンパンマンシリーズの主役。

ひもじい人に自身の顔を分け与えて助けることが仕事。

それでは初登場から順に、アンパンマンの変化を遡ることとする。



①【『アンパンマン』PHP(1969年10月号)】


巷では有名な『人間の顔をしたアンパンマン』。
現在は復刊ドットコムより出版されている『十二の真珠』でお目にかけるができる。
服装は朱色。ベルトと靴は黒く、グローブははめていない。
一人称は『僕』。
アンパンを世界中に配って回るヒーロー。


②【『飛べ!アンパンマン』アリスのさくらんぼ(1972年サンリオ刊)】


顔そのものがアンパンでできている。
自身の顔を分け与えるヒーロー。
体型はまだ小太りである。
白黒のため服装の色は不明。
一人称は『おれ』


③【『あんぱんまん』キンダーおはなしえほん(1973年10月号)】


注:画像は1676年に描き改められたものである。
現在でも『キンダーおはなしえほん傑作選』が発行中であるため、簡単にお目にかかれる。
赤い服に茶色いマント。
黄色いベルトとグローブとブーツ。
よくわかるように、これ以来アンパンマンのパーツは大きく変化しない。


④【『あんぱんまんとしょくぱんまん』キンダーメルヘン1980年6月号】


この頃にはもう体型がぐっと幼くなり、今のアンパンマンとも大きくは変わらない。
しかしまだ指は5本はっきりと描かれている。


⑤【『アンパンマンとめいろのくに1』1987年6月発行】


手はゲンコツのグーになり、この時点でアンパンマンのデザインは既に完成している。

⑥【『アンパンマンとピエロのトンネル』1992年10月発行】


今までは楕円形だったアンパンマンの顔が綺麗な円形で描かれている。
その他特に違いはない。

⑦【『ようせいリンリンのひみつ』2008年7月発行】


アンパンマンの顔の形状が再び楕円形に戻っている。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

検索フォーム

 

プロフィール

ナベネズミ

Author:ナベネズミ
アンパンマンワールドを研究しています。

 

カテゴリ

月別アーカイブ

 

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。